アイキララ 成分 副作用

MENU

アイキララの成分からみる副作用の可能性を検証

私は敏感肌なので新しく化粧品を買う時は結構神経質になっちゃいます。

 

アイキララは目元に使う美容クリームなので特に気になりました。

 

だって、目の周りの皮膚って特に薄いじゃないですか・・・あんなに薄いところがあれちゃったりっしたら大変ですからね。

 

そういうことで、購入前にアイキララの副作用について調べていたことを共有しますね。

 

誰かの役にたちますように♪

 

アイキララの安全性は?

 

アイキララはアレルギーテスト済みです。

 

アレルギーテストを実施していないプチプラなどに比べると安心ですが、すべての人にアレルギーが出ないとは限らないです。

 

着色料・保存料・防腐剤なども使わずに肌に優しい成分で作られているので敏感肌の人でも安心して使える商品だと思います。

 

ただ、目の周りは超デリケートなので不安な人はパッチテストをしてから使用するのがおすすめです。

 

パッチテストはアイキララを少量二の腕や耳のうしろにつけて24時間様子を見ます。

 

絆創膏などを貼ってもいいでしょう。それで赤くなったりの症状が出なければ大丈夫です。

 

肌に優しい植物由来の美容成分が多いのですが、植物由来の成分にアレルギーがある人は成分表で肌に合わない成分が入ってないか確認してくださいね!

 

アイキララの成分から副作用の可能性を検証♥

アイキララの全成分

水、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、グルコン酸クロルヘキシジン、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、ジメチコン、トコフェロール、コレステロール、シア脂、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

 

アイキララは悪い口コミの中でも染みたり湿疹が出たなどの使用感に関するものはありませんでした。

 

その理由はおそらく

 

アイキララではほとんどの成分が保湿効果の高い、肌への刺激が極力少ない成分を使っていて着色料・保存料・防腐剤などを使用していないからだと思います。

 

ほとんどの成分と書きましたが、全成分の中に少しだけ副作用の可能性がある成分が含まれています

 

アイキララに含まれる副作用の危険性のある成分

成分名 効果 危険性
グリセリルアスコルビン酸 メラニン抑制、たるみ抑制、ニキビ予防 肌への刺激
ステアレス-20 合成界面活性剤、洗浄剤 肌への刺激
カニナバラ果実油 保湿、肌荒れ改善 肌への刺激
ヒマワリ種子油 肌の軟化、アンチエイジング アレルギー
BG 保湿、防腐剤 肌への刺激
ジメチコン 保湿、ベタつき防止 代謝抑制
カプリル酸グリセリル 合成界面活性剤、乳化剤 肌への刺激

これらの成分は、特別に危険な成分というわけではなく、決められた範囲内で容量を守って使えば全く問題ない成分ばかりです。

 

界面活性剤なども含まれていますが、アイキララの中の成分が分離したりしないようにするために微量が入っているだけです。

 

美容成分を肌に浸透しやすくする効果もあり、肌に刺激を与えるほどの量は入っていないので、使用方法の範囲であれば刺激に感じる可能性はかなり低いと思います

 

このようにアイキララの成分は用法・容量を守って使用すれば副作用の危険性はかなり低い商品だといえます。

 

それでも極度の敏感肌の方はパッチテストをしてから使用することをおすすめします。

 

私も面倒だけど、新しい化粧品を試すときは毎回やってます!

 

敏感肌の方は念には念をですよ!

 

良く読まれている人気の記事